温泉ソムリエの「温泉に恋して」

アクセスカウンタ

zoom RSS はてなの玉手箱:温泉−どこまで効くの? 科学的実証例、少なく

<<   作成日時 : 2006/08/15 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

MSNニュース(毎日新聞)でこんな記事が書かれていました。

「はてなの玉手箱:温泉−どこまで効くの? 科学的実証例、少なく」のタイトルで。
高血圧や皮膚病、糖尿病、神経痛……。温泉に行くと、浴室掲示板には、温泉療養で効果があるとされるさまざまな適応症が表示されている。だが、経験則で決められたケースが多く、専門家からも「見直すべきだ」との声が上がっている。温泉はどこまで効くのだろうか。

 ただ、温泉の効果は成分による薬理作用だけではない。温熱や水圧・浮力などの物理的作用のほか、温泉地の自然環境も影響を与える。その結果、人が本来持っている自然治癒力を高め、さまざまな症状を改善させる。

 東副会長は「日常を離れ、温泉地へやってくると、ストレスから解放され、心身にいい影響がある。同じ泉質でも温泉地により効果は違う。環境が異なるからだ。温泉の効果は泉質だけでは決められない」と言う。と最後に結ばれています。

MSNニュース(毎日新聞)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はてなの玉手箱:温泉−どこまで効くの? 科学的実証例、少なく 温泉ソムリエの「温泉に恋して」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる